MOMONA

屋内位置情報サービス

selena
商業施設や医療・福祉で活躍!
  • 施設内の商品・サービスが どこにあるかがわかる
  • 人が近づくと施設や テナント情報を発信できる
  • 多言語対応
  • データ記録で分析・改善に

商業施設向け MOMONA


(屋内位置情報サービス)

  • フロアマップガイドとして、
    施設内のお店・商品・サービスが
    どこにあるのかがわかる
  • 人が近づくと施設や
    テナント情報を発信できる
  • 多国語対応
  • データ記録で分析・改善に

momona みんなのメリット!

お客様


  • 広くて、どこに何があるかが
    一目でわかるので便利!
  • 多国語対応なので、
    外国人のお客様にも喜ばれます。
  • 移動が複雑な場所でも、
    目的地までスムーズにご案内。

施設運営者


  • 外国語が話せるスタッフが
    いなくても対応が楽になる。
  • テナントのPOSシステムとの
    連携することにより利用者が
    どのように行動し何を買ったのか
    というデータを得られます。

テナント運営者


  • 外国語が話せるスタッフが
    いなくても対応が楽になる。
  • 自分のお店やサービスを
    発信できるので販売機会のUPに。


POSシステムと連携

pos



POSシステムとの連携により、
屋内情報提供サービスには新鮮な情報が集まります。
その日に仕入れた新鮮な魚介類や農産物の紹介、
オススメの料理や商品がリアルタイムで連携できます。



2次交通と連携

2ji-kotsu

一次交通拠点となる空港や駅から、二次交通となるバスとの連携により、
観光客を必要な施設に誘導し、より大きな経済効果を生みます。

二次交通との連携は、屋内情報提供アプリ
とバスロケーションシステムを連携することにより、
バスの発着案内や支払いまでもができるようになることを目指します。

二次交通で行った先の商業施設でも、屋内情報提供サービスを利用できれば、
観光客はこのアプリを持っていれば、観光を十分に楽しむことができます。


医療・福祉向け MOMONA


(屋内位置情報サービス)

リアルタイムのヒト・モノの動きを追跡・分析し
業務の効率化&サービス向上へ


お客様やスタッフ、機材などが絶え間なく
行き交う医療・福祉の現場。
施設内でのそれぞれの現在位置を
「見える化」することで、
みなさまが本来のタスクにより集中できる
環境づくりをお手伝いします。

患者様・利用者様・スタッフから、
機器・器具の居場所まで、すぐわかる!

施設内に設置されたビーコン装置と、お客様・スタッフが
携帯する端末により、それぞれの現在地を可視化します。

・在室状況に応じた回診・介助の効率化
・車椅子やエコー機器等、持ち運びのある器具の現在地確認
・立入禁止エリアなど、特定の部屋への入退室の通知

それぞれの端末が施設内をどのように移動したのか
動態分析を行い、業務改善のヒントを探る資料としてご提供します。

・業務状況の記録(インシデント・アクシデント時)
・作業が集中する時間や場所を明確にデータ化

設置・導入はカンタン!

フリスク大のビーコン(位置情報装置)

目立たないよう破損しないよう壁際に設置します